前立腺癌から生還したアラカンじじい

50代で前立腺がんのロボット手術の日がやっと決まったー!ダ・ヴィンチ君、待ってろよ

 
まさにダ・ヴィンチ
この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトには広告が一切ありません。
ご安心ください。
→広告がない驚愕きょうがくの理由は最後にお教えします。
_____________________

まさかの前立腺癌ぜんりつせんがん宣告の後、リンパ節や骨への転移がないことも検査で明らかとなり、万々歳ばんばんざいとは言えないものの、ようやくホッと安堵あんどの胸をなでおろすもつかの間、これから自分の体にどんな洗礼せんれいが待ち構えているのか、まさに来るものこばまずおまかせコースに身をゆだねるしかないとあきらめムードの貴兄へ。

全摘出手術の当日を迎えるまでの僕の体験をお伝えします。
_____________________

またお会いしましたね~。
前立腺癌ぜんりつせんがんと格闘中のアラカンじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。

前回のおさらい(50代で前立腺癌転移検査)

さぁーて、前回の僕ですが、
リンパ節と骨への転移がないことが検査によりはっきりしました。
さぁ、あとは手術で取ってもらうだけだっ!と少し元気が戻りつつも、まだまだ手術日は決まらない。
というところで一旦、さよならしましたね。

前回(治療方法決定)の記事は以下です。参考にどうぞ。

(クリック)⇒ 前立腺癌が見つかったー!しょうがないけど、やっぱ転移が心配!

《前回の短い動画もあります…》
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

_____________________

前立腺腫瘍マーカーPSAprostate specific antigen : 前立腺特異抗原ぜんりつせんとくいこうげん)が一気に14まで上昇し、(俺は癌ではない!と信じて疑わずに受診した)前立腺針生検の結果から癌の宣告を受けた失意のあの日から、早くも5日がたちました。

(僕が癌の宣告を受けていることを職場で知っているのは5人だけである中、)
何もなかったように黙々と(間違えた、もとい)悶々としながらなんとか仕事をこなし、、、

手術前の検査がいっぱい(50代で前立腺癌ロボット手術)

検査のために再び、病院へ舞い戻ってきました。
(どんどん有給休暇が無くなっていきますが、
そんなのかんけーねー

全身麻酔5~6時間ロボット手術に耐えられるか、今日から確認していくことになります。

この日は、以下の5種類の検査を受診しました。

①血液検査
②レントゲン
③心電図
④心エコー
⑤肺機能

これらは一般的な検査ですので、全く問題はありません。
(会計の支払いは 7千円

そして、3日後、ようやく、主治医より検査結果の説明を受けました。
(嫁はんも同伴)

どーでもええことですが、今までの主治医は近々開業するそうです。
(がっぽがっぽでんな~)
そのため、30歳台とおぼしき若い先生へ変更となりました。

検査結果は問題なし(肺機能が少し落ちているが、手術はOK)とのことでした。

これで(待望の?)手術日を予約することができました。

3週間後にダ・ヴィンチ手術です。

註)ダ・ヴィンチ(da Vinci)手術とは、アメリカのインテュイティヴ・サージカル社が開発した手術支援用ロボット「ダ・ヴィンチ」を用いた手術のことです。

主治医曰く、

どうしても手術を受けたくない人以外は、手術がBest!

ところが、細かい説明があるのかと思いきや、おもむろに誓約書(同意書だったかな?)を渡され、簡単な説明後、

眼科検査尿漏れのリハビリの指導
を受けて、4日後に来てください。

と、意味不明な指示を受け、

まだ続くの~

とあっけにとられる僕をよそ目に、
この日は終わり。
(会計の支払いは 3百円

註)眼科検査は、
ロボット手術は長時間、頭を下げた状態となるため、目に疾患がないことを確認するそうです。
尿漏れのリハビリについては、大量のネット情報がありますので、そちらを参照願います。)

4日後、朝一番に眼科検査(楽勝です)を受けて、再び、主治医の元へ、

ほぼ、リスク説明のオンパレードで、嫁はんは、最悪の事態の生々しい話ばかりされて気分が悪くなったそうで、最後の方はほとんど聞けなかったとのこと。

そして、10日後(手術の前日)に入院してくださいとの指示を受け、関連書類をいっぱい受け取り、退散。
(会計の支払いは 2千

(結果的に)セカンドオピニオン?

実は、癌が見つかったことを報告した、会社の先輩から、

セカンドオピニオンは
やっといた方がいいぞ!

と言われ、一応、

そーですよねぇー。

とお茶をにごしていた僕でしたが、その内、

ほんとに手術で全部取らないと
だめなのかな?

と心が動揺してくるのを覚えながらも、

主治医を信じてお任せするしかない!

と自分に言い聞かせていました。
(そんなお金も時間も無いし、、)

そんな悩める僕を知ってか知らずか(医療関連の業界に詳しい)姉から、

神戸大学医学部が泌尿器の市民公開講座を募集しているから、聞きに行ってみたら?

とLINEが届き、

ちょっと遠いけど、なにかの足しになるかもれないから、聞いてみるかっ。

と軽い気持ちで申し込み、(厳選なる抽選の上?)数日後に受講通知が届きました。

神戸大学医学部案内状

《筆者撮影》抽選に当たりました。

 

そして、ほとんど期待もせず、電車に揺られて、

会場はガラガラかも? 恥ずかしいな~。
後ろの方に座ろうかな~。

と想像しながら、少し遅れて、いざ会場にたどり着き、

会場の案内板

《筆者撮影》汚い写真でごめんちゃい

 

会場(なんと、菊の間!)の扉を開けてみると、
なっ、なんとぉ~!!!

 

《こんなところでもったいぶって申し訳ないですが、》
続きは次ページで、
広告はありません。お気軽に下の2クリック下さい。
↓↓↓↓↓

固定ページ: 1 2

この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フラッター49 の アラカンブログ , 2020 All Rights Reserved.