前立腺癌から生還したアラカンじじい

50代 前立腺がん ダ・ヴィンチ手術回復体験記ブログ【ついに逝っちゃった】

 
いくしかない
この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトには広告が一切ありません。
ご安心ください。
→広告がない驚愕きょうがくの理由は最後にお教えします。
________________________

こんにちは。
前立腺癌ぜんりつせんがんと格闘中のアラカンじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。
________________________

まずはご報告(異常なし)

前回、”血尿の検査を受けた”と書きましたが、9/24に検査結果を聞きに行ったところ、

”異常なし”

でした。

尿細胞検査、CT撮影

主治医からは

CTには何も写っていないので、気にしなくていい

と言われました。

ただし、

おしっこがかなり汚れている(=細菌が多い)ので、水分をよく取るように…

との注意を受けました。

すかさず、僕が

頻尿ひんにょう対策で水分を控えてたもんで…

と言い訳するも

それはだめ DEATH(です)ね

と若造、もとい、大先生からばっさり切り捨てられました。

みなさ~ん、
おち〇ち〇は毎日きれいに洗いましょうね。

(ごめんなさい。もう1ついいですか?)

またやっちまった…

最近、おねしょ頻発ひんぱつさせています。

日中の尿は、尿漏もれパッドだけで、
べっちょないんやけど…
(訳:別状ないんですが…)


当サイトの名誉ご訪問者タコスさん
おすすめの
ライフリー男性用さわやか薄型パッド
です。Goodです。

熟睡すると尿意目覚めざめてくれず、そのまま眠り続けるため、ジャジャ漏れなのです。
(念のためにパンツ式おむつを穿いて寝ても横漏れすることがありました。)

そこで、のほほんと生きてきたおろかな僕は

おむつよありがとう
これからもよろしく!

と楽な方へ楽な方へと思考回路が働いてしまうんですよね…
(実は今の今まで”おむつしかない!”と決め付けていました。)

でも、聡明な(例えば、タコスさんのような)あなたは違いますよね。

骨盤底筋こつばんていきんリハビリしかない!



…ですよね。

のほほんと生きてきた愚かな僕はたった今、思い出しました。

なんか遠い昔にギュッと締め付けるのやってたな~




と書いたはなから、さっきも一気に10秒放尿を堪能してしまいました。
(これがまった気持ちいいんだわ)

詳しくはこちら ⇒ 全摘して良かったこと

以上、長~い前書きを終わります。
(ごめんちゃい)

________________________

ちなみに僕は、前立腺腫瘍マーカーPSA14(←基準値は10以上はの確立50~80%)まで上昇し、針生検にて早期の前立腺が見つかり、ロボット支援手術(ダ・ヴィンチ手術)で全摘出していただきました。

過去のブログはこちら ⇒ 前立腺癌アラカン闘病記

そして…

本ブログでは、退院後に僕が書き止めた手記をあなたにシェアさせてもらいました。

今回は
退院後16週目以降(仕事復帰後9週目以降)
です。

註)
実は僕の前立腺は通常の3倍の大きさに肥大していたそうで、あなたに当てはまらない特異な情報も含まれていますので、ご参考程度にお読みいただければ幸いです。

前回の14&15週目はこちら ⇒ 全摘して良かったこと

 

退院後16週目以降(仕事復帰後9週目以降)はこんな感じ

(半年前の記憶を辿たどりながら加筆したよ…)

退院後108日(仕事復帰から61日目)

(入院中に発覚した僕のミスで)設計が遅れていた部品の立会検査のため、隣の親会社の工場へ行った

註)徒歩で10分程度

心配していた“納期遅延”には至らず、ホッとして一人帰路に着くも、疲れて足が動かず、折角の安堵感がぶっ飛んだ

さらに、テレワーク用パソコンの設定に手間取り、落ち込む
______________________

退院後111日(仕事復帰から64日目)

初の在宅勤務
(とりあえず、週一で在宅とのこと)

註)ごめんなさい、4月の話ですよ

やはり、長距離通勤負担がかなり大きかったことは間違いない

集中力は落ちるがなんとか仕事はこなせた
______________________

退院後112日(仕事復帰から65日目)

きょうは出社

匂う(初めて)

尿漏れか?
______________________

退院後114日(仕事復帰から67日目)

上司との面談で評価ランクダウンの説明あり

“当然”と納得

頑張れるなら頑張りたいが、体調も戻らず、だるさや倦怠感が残っているため、難しい

註)実は2か月後、めちゃ元気になります

やはり、年内が限度か?

それとも、さらにランクダウンしてもらって定年まで居座るか?

なぜかち〇ち〇が縮こまって、パッドがすぐずれる

当時は巻きつけるタイプのパッドでした
______________________

退院後119日(仕事復帰から72日目)

3か月ぶりに産業医との面談

前立腺は少し大げさに報告

就業制限は現状維持(時間外30Hr、深夜就業禁止、休日出勤禁止、出張禁止)なるも…

話が持病の肺炎に移ると食い付きがヤバく、当初の“週一在宅”“週一出社”へ即変更

とりあえず、明日から今週一杯は在宅勤務

とは言え、大歓迎でもなく、それはそれで仕事の段取りが大変

結局、6時過ぎまで残業(←フレックスにつき始業は7時)し、駅からのバスもなく、久々に坂道をトボトボ歩き、ヘトヘト状態で帰宅
______________________

退院後122日(仕事復帰から75日目)

ED(Erectile Dysfunction:勃起障害、勃起不全)からの復活へトライ

註)痛みから解放され、ようやくという感じ

ぶつは相変わらずしょぼんとしているが、あきらめずに続けていると、ある時スイッチ?が入り、息が荒くなり、後頭部から背中に掛けて、あのジリジリとしびれるような電気が走り、何か“逝った感”のようなものを感じ、なぜかいつものように股間の中でドクンドクンと何かが脈打っているのだ

不思議だが、まがりなりにもこんな子供だましであっても一仕事終えた満足感が得られるのだから、大したもんだ…

癖になりそう💛
______________________

退院後131日(仕事復帰から84日目)

ED(勃起不全)対策になってしまった

勃起や射精が無くとも、それなりのオーガニズムを得られているのは以外な展開だ

はっきり言ってこれはこれで楽しめてラッキーだ
______________________

退院後146日(仕事復帰から99日目)

今日は検診

単車で行ったため、8時前に到着

余裕で受付(なんと受付番号は”1”)

血液検査(PSA)完了

入口のロビーでエールを見た(字幕が欲しかった)

PSAの結果は測定不能(0.008未満は反応しないとのこと)

良かった

「(ほぼ0は)当り前ですよね」

と口を滑らすと案の定、若造、いや、大大先生の逆鱗に触れ

「当り前ではありませんっ!!」

と倍返し

手術後の後頭部のはげのことがやっと聞けたが、不明とのことで、よくあることではなさそう

※手術後、後頭部に痛みがあり、筋状で毛が擦り切れていた

勃起障害については

神経をほとんど取ってしまったので、頑張っても復活は無理

断言されてしまった

マスターベーションについては否定はされず、

射精は脳でするものだから…

と、ドヤ顔で大大大先生が名言を放った
______________________

 

とゆーことで…

日記はここ(’20-5/18)で終わっています。

(よりによってマスの話で終わるとは…不覚)
______________________

いや、ちょっと待ってください!

まだ何か書いてあるようですよ…
______________________

つづき次ページです。
広告はありません。お気軽に下の2クリック下さい。
↓↓↓↓↓

固定ページ: 1 2

この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. アバター タコス より:

    更新ご苦労さまです!前立腺癌の闘病記はこれで完結ですね!ちょっと寂しい気もしますが、書くことがなくなったと言うことは良いことですね。ボクがこのブログと出会ったのは、今年の3月。前立腺癌と告知されながらも、コロナの影響で手術が6月に延期され、不安と恐怖の真っ只中にいる時でした。不安に震える中、告知から手術までの流れを、時には笑いを交え、明るく語っているこのブログにどれだけ励まされたことか。不安だと、ついついネットでいろんなものを見てしまい、よけい不安になるものですが、そんなときは必ずしめにこのブログを見ていたのを思い出します。そんなボクも手術を無事に終え、普通の日常を取り戻すことができました!ありがとうございました!感謝しかありません!
    癌の闘病記が完結したと思ったら、肺炎で入院中だとは!驚きました!
    でも、快方に向かっているとのこと、少し安心いたしました。お体充分にお気をつけて、退院後のご活躍をお祈りしております!

    • タコスさん、コメントありがとうございます。

      先週末に退院しました。

      僕の持病の肺炎はアレルギー性ですので、”薬を飲み間違えない限り大丈夫”な病気です。

      今回の入院でも、数人の癌患者さん(全員60~70代の大先輩)とお話ししましたが、みなさん明るく前向きで、自分の病歴をニコニコしながら嬉しそうに語ってくださいます。

      これも今や癌が治る病気となり、治療中の体への負担が軽くなってきた証なのでしょうけど、やはり、転移の有無は大きいと感じました。
      (タコスさんや僕は転移が無かったので、感謝しないといけないですね…)

      これからも何が変化があれば情報公開していきますので、よろしくお願いします。
      (とりあえず、おねしょをしないように骨盤底筋のリハビリをがんばります。)

  2. アバター タコス より:

    退院おめでとうございます!
    おっしゃる通り、癌は治る病気になりましたね。多くの癌サバイバーが、生きる強さを示してくれています。
    頭が下がります。そして、おっしゃる通り、自分の癌がごく初期で、転移などなかったことに感謝しなければいけませんね!ヘタレで軽率なボクですが、少しはマシな自分に成長しなければいけないなと思いました。
    ボクも骨盤底筋のリハビリ、最近サボってます、日課にしてた散歩もサボり、体重も増加中です!まったく、喉元すぎればなんとやらです!ちなみに、尿を我慢して少し貯めてから放出するクセをつけると、自然と骨盤底筋が鍛えられるらしいです。主治医が言ってました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フラッター49 の アラカンブログ , 2020 All Rights Reserved.