「ボケたくないじじい」が頭の中のいらないゴミを捨てていきます。

前立腺がんダヴィンチ手術闘病体験記ブログ :忘れるな!退院できるのはみなさまのおかげ

2020/09/20
 
ただいま
この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトには広告が一切ありません。
ご安心ください。
→広告がない驚愕きょうがくの理由は最後にお教えします。
_____________________

最新ロボット工学のすいを集め、ついに誕生した超精密ロボ、則巻アラレ。もとい!ドラえもん。もとい!ジャイアントロボ。もとい!その名は…人呼んで…
ダ・ヴィンチ
(この辺でやめときましょう。)

ダ・ヴィンチ(da Vinci)手術とは、アメリカのインテュイティヴ・サージカル社が開発した手術支援用ロボット「ダ・ヴィンチ」を用いた手術のことです。

 

君をはじめ、医療スタッフのみなさまのお陰で僕は再び命を授かり、明日にも退院できそうです。
________________________

それにしても、前立腺っていうのは、なんで膀胱ぼうこうにしがみ付いてんのかな?
しがみ付いてなかったら、もっと楽に取れたんじゃないのかな?
尿漏れもないし、勃起障害もないし、それこそ、尿道バルーンもいらないし…

僕にとって前立腺なんて、有っても無くてもどっちでも良かったのかな?
でも前立腺が無くなるといったいどうなるのかな?
ホルモンのバランスが崩れて女性みたいになっちゃうのかな?
________________________

ちょっと気持ちの余裕が出てきたせいか…、
女体の神秘ならぬ男体なんたいの神秘に思いをせ、いつしか詩人となった貴兄へ。

 

第2ステージへの幕が開きました…

長いようで短かいようでやっぱり長かった…
にゅーいんせーかつ!(卒業式かっ!)

退院して家に帰ったら、まず何をしましょうか?

まずはやっぱり

ひとっ風呂浴びて、奥さんの手料理に舌つづみを打ちながら、一杯やって、至福の時ひたりましょうか?

それとも

何はともあれ、
入院中の武勇伝に花を咲かせて、心配を掛けた家族みんな無事に生還したことを報告しましょうか?

それとも

ここはあえて、
自分の部屋へこもり、俺は帰ってきたぞーと闘病を耐え抜いた喜びをひとりさみしくしみじみと味わいましょうか?

それとも、、、、、

_____________________

おしっこ、、、まってきましたか?
(思いっきり現実に引き戻してんじゃねぇぞ!)

前立腺癌ぜんりつせんがんと格闘中のアラカンじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。

________________________

命からがら下界へたどり着き、ち〇ち〇の管の予想だにしないわずらわしさに大苦戦の末、若造、失礼!主治医の言葉を信じ、歩きに歩いた4日間。

そして、ようやく目の前にちらついた“退院”のふた文字。

が、その前に大きく立ちはだかる“尿漏れ”の文字。

それをさえぎるかのように現れる“なんとかなるさ”の七文字。
(どこまで行くんじゃい!)

それはそれで置いといて、とりあえず、

「おめぇ、よく耐えたよ。」と誰もめてくれないので、自分で自分を褒めるしかない、アラカンじじい…
________________________

仕事が大大大好き?な僕(実は大きらい)は、10年前の引っ越しで長距離通勤となり、まさかの4時間睡眠のダメージがじわじわと体をむしばみ、

そしてついに…
『前立腺腫瘍マーカーPSA14(ng/mL)
prostate specific antigen : 前立腺特異抗原ぜんりつせんとくいこうげん

の現実にさらされてしまったのが、つい2か月前

基準値は2。10以上は癌の確立50~80%)

半信半疑のまま、針生検を受け、失意の前立腺癌宣告の後、勧められるがままにロボット支援手術に命を託し、前立腺全摘出していただき、死のふち(ちょっとオーバーかな?)から生還しました。

 

前回のおさらい

《まだ本題ではありません。もうちょっと我慢してね》

造影剤検査でOKをもらい、やっと抜けた尿道バルーン
6日ぶりに身軽となったものの、次に待ち構える大きな難関が…

そうです。おしっこがちゃんと出てくれるまでは安心できません。

案の定、おしっこは膀胱を素通りし、ひたすらおむつへれ流し

絶望にさらされ、寝床に入ったその時…

尿意で目覚め、深夜のトイレでおむつを下ろしてみると、なんとわずかではあるが、シャーっとおしっこが!

それも血尿ではなく、きれいな黄金色のおしっこが!

思いもよらない奇跡の急展開でようやく安堵の眠りに着くのです…

 

註)前回の記事は以下です。参考にどうぞ。
⇒ おいおいどこへ行くんだ、おしっこくん

《短い動画もあります…》
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

男体は軟体(こらっ!しゃきっとしろっ)

《ごめんなさい。やっとここからが本題です。》

。。。。。。

心地よい目覚め。

まずは、いつものように朝一番から歩いてからおしっこをしてみる。

奇跡よ、再び…

と念じるも









全く出ない…

また、ジャジャ漏れ状態へ逆戻り。。。

ヤバい、ヤバ過ぎる。
やっぱり、横にならないとダメなのか…

とガックリ。

リハビリのおにいちゃん、失礼、先生が来てくださったので、かくかくしかじかと相談すると

骨盤底筋こつばんていきんの“筋力が戻ってくる分”と
“訓練で鍛えられる分”の両方が必要なんですよぉ。

とのこと、さらに、

おしっこが出るようになってきたら途中で止めてみることも訓練になりますよ。

と言い残し、立ち去っていった。

ほんじゃぁ、やってみるかぁ!

とにかく、“なにがなんでもおしっこを溜めてやるぞ!”と必死のパッチで額に青筋立てながら、座ったまま骨盤底筋締め付けをキープする。

しかし、ものの30分もたたぬうちに力尽きた…

ダメもとで尿瓶しびんへ息子を突っ込んでみる。

すると、

 

ごめんなさい。
汚いシーンですので、30秒間、手を洗って一息ついて、

続きは次ページで、
広告はありません。お気軽に下の2クリック下さい。
↓↓↓↓↓

固定ページ: 1 2

この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. アバター タコス より:

    更新ありがとうございます!そして、入院篇、完結おめでとうございます!
    コロナの中、手術を控え、不安の真っ只中にいるボクにとって、このブログはリアリティあふれる最高のエンターテイメントでした。フラッターさんのブログに勇気を貰い、安心してダヴィンチ手術にのぞめるような気がします。今後の日記形式のブログも楽しみに拝見します。術後のリハビリ、仕事復帰、頑張ってください。

    • フラッター49 フラッター49 より:

      タコスさん

      もったいないお言葉に感謝しかありません。

      (何回も言わせてもらいますが、)
      タコスさんから毎回、数々のコメントをいただいていなければ、僕は前立腺癌のブログをやめていたと思います。

      でも、おかげ様で退院するところまで、なんとか投稿することができました。
      本当にありがとうございます。

      ほぼ自己満足のおふざけだけのブログの中からわずかな情報を見つけ出すのは、さぞかしご苦労だったのではとお察しします。

      今後は体験者として、できるだけ多くの“前立腺癌でお悩みの方々”に参考としてもらえるように改善していきます。

      タコスさんが今、直面されておられる“治療をしてもらえない”という苦悩は、体験の無い僕が想像するレベルでもかなりきついものだと思われます。

      こんなブログを読まずに、意識の中からできるだけ病気を遠ざけることが大切なのでしょうが、言うのは簡単でも、自分自身との闘いは厳しいですよね…

  2. アバター タコス より:

    確かに、待つのはつらく不安だらけですが、フラッターさんのブログの笑いが、ボクの不安を紛らわせてくれました。ボクも、無事に手術を終えて、今の自分を笑い話にしてやろう!と、そんな勇気が湧いてきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゴールは49週後 , 2020 All Rights Reserved.