「ボケたくないじじい」が頭の中のいらないゴミを捨てていきます。

【敷金返還&原状回復費用】恐怖と怒りのド素人体験談:69万円の請求がチャラになるかも

 
なぜ69万円なの
この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトには広告が一切ありません。
ご安心ください。
→広告がない驚愕きょうがくの理由は最後にお教えします。
________________________

こんにちは。
前立腺癌ぜんりつせんがんと格闘中のアラカンじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。

まだ結論に至っていないので、”投稿するにはまだ早いかな?”と思ったのですが、”ここまで来たぞー”と思いっきり叫びたくてフライングで書いちゃいました。

簡単に説明しますと…

賃貸マンションを解約したら、
”原状回復費用:69万円!”の
請求を受け、愕然がくぜんとするも、
なんやかんやで結局チャラに
なりそうなとこまで来た!

という記事です。(興味ないですか?)

なんで引っ越しするの?

昨年あたりから、11年間住み慣れた我が家(賃貸マンション)の家賃(8万5千円)がしんどくて、というか、”いつまでこれ払わなあかんねん”との思いが強くなってきたのです。
(ちなみに、たまらず家賃の交渉をしても、”ネットで公開してる家賃やから下げられへん”と意味不明な説明しか返ってこないのです…)

また、入居当時、小学生であった3人の愚息達が2倍ぐらいに成長し、(期待していたものの→)誰も出て行かないため、今の間取りでは追っつかなくなり、一触即発の危機に瀕している状況でした。(兄弟間の無言の牽制がヤバい…)

そこで、”どっかええとこないかなー”と住宅情報をチラチラ物色していたところ、手頃な中古マンションが見つかったので、思い切って引っ越したのです。(6月の新型コロナ禍のあおりで、テレワーク中の引っ越しとなり、時間がいっぱい使えて良かった…)

退去した後は嫁はんと一緒に2日がかりで大掃除し、これで気持ちよく去っていけると思う反面、必然的に

男の子3人×11年ボロボロ

の状態であったのは言うまでもなく、

これはただでは済まされんぞ…

との思いでゆううつになっていくのでした。

そして、

引っ越しから3日目。

敷金の8万円(=保証金24万円-退去時16万円償却)は当然帰ってこないだろうと腹をくくって、

管理会社(←悪徳?会社の名前を言いたい~)のしゃっちょさんとのドキドキの立会い日がやってきたのです。

良心の呵責かしゃくから”この際、全部正直に言っておこう”とこちらの不注意で壊した部分も伝えました。
______________________

《不注意で壊した部分》

①夫婦喧嘩でぶちまけたオレンジジュースが染みついた壁から天井のクロス

②次男をいじめる長男をなぐったら逆切れで引きちぎられたキッチンの開き戸

③イライラした長男のパンチで穴のあいた廊下の(2つ)

④嫁はんがガラスの置物を落として割れたトイレ

⑤ボロボロに擦り切れた(2枚)

表面がめくれたクローゼットの木製扉(6枚中1枚のみ)

⑦誰がやったか知らないが、穴のあいた間仕切りスライド(全3枚に各1か所)

⑧スライド部の金具が破損した廊下収納扉(開閉は可能)
______________________

“どんだけ壊してくれまんねん”と言わんばかりの目つきで写真を撮りまくる、しゃっちょさん。

すると…

今、こんなんありますねん

と言いながら、しゃっちょさんはおもむろに1枚の紙きれを僕に見せてきたのです。

ちらっと見たところ、”チェックリストのような紙”でたくさんの項目があったような…

最近、もめごとが多いから、国交省のガイドラインゆーて、これ見ながら細かくチェックすることになってますねん

と鉛筆なめなめチェックマークを書き込んでいく、しゃっちょさん。

そして、表面がめくれたクローゼットの木製扉(6枚中1枚のみ)を指差し、

《しゃっちょさん…》
こーゆーのはね、1枚だけ取り替えようと思ても、型式が古うて今は作ってへんから全部変えなあかんのですわ~

 

《僕…》
そーですよねー。もう無いですよねー。
《僕の心の声…》
(そんなもん、知らんがな!)

そして、念入りに隅々までチェックしたしゃっちょさんはなにげにうれしそう(だったりして…)

何も知らないノー天気で愚かな僕は、言わなくてもいいのに

まさか、修理に100万円も掛かったりしないですよね~?
11年半も家賃払ってきたんやから、ちょっとは負けて欲しいなー

と口を滑らすと、すかさず、しゃっちょさんは(目をキラリと光らせながら…)

100万円まではいかないと思いますよー

と返してきました。

苦悩の50日間

そこから僕の(嫁はんも)苦悩の日々が始まるのです。

(請求書が)いつ届くか、いつ届くかと(引っ越した)マンションの郵便受けをひたすら”お参り”する日々が1か月ほど続き、ついにこんな甘ったれた気持ちがわいてきたのです。

何にも言ってこないってことは…
やっぱり、11年半も住んでたんやから、
大家さんが全部出してくれるのかな?

しかし、そんな甘くはありませんでした。

なんで69万円なの???

さらに20日後(忘れもしない、お盆休み明けの8/17)、しゃっちょさんから一通のメールが…

件名は室内復旧費の件!!!
まさか今頃? ついに来たか…

恐る恐るメールを開くと、

“退去に伴う室内復旧費見積書

が添付されていた。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
______________________

見積書_本人

______________________
さらに見せつけがましく、オーナー(家主)負担分の見積書も添付されていた。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
______________________

見積書_オーナー

______________________
しばらくすると、しゃっちょさんから

見積書、見てくれたー。
オーナーさんがかなり負担してくれてますよー。
よろしくー。

とのダメ押しの電話もあった。

脳天クラクラになりながらも僕は
“とにかく時間稼ぎせねば…”との思いで

メールだとちっちゃくて見えへんから、紙で送ってもらえませんか?

とお願いすると

わ、わかりました。

といかにも困惑しているものと見て取れる、しゃっちょさん。
(まさか即答でOKがもらえると思ってたんじゃねぇーだろーな!)



______________________

すんまへん、ちょっと休憩させてもろてもええですか?

冒頭にも書いたんやけど、なんやかんやで結局チャラになりそうなとこまで来てますんで、また報告します!

《奥歯にものがはさまったような終わり方でごめんなさい…》

あっ、忘れてました。

当サイトに広告が一切ない理由をあなただけにお教えするのを忘れるところでした。
ごめんなさい。実は、、、






僕が勤めている設計会社はすごくきびしくて、副業を認めてくれないので、この程度のブログのわずかな広告収入をふところに入れていることがバレて、まさかの懲戒処分を受けるはめになるのが怖いからです。あしからず。。。

会社を辞めたら、ガッポリもうけるぞー(僕)

 

って、あんた癌はどうすんの?(妻)

《最後までお読みくださってありがとうございました。ぜひコメントもお寄せください!》

この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゴールは49週後 , 2020 All Rights Reserved.