前立腺癌から生還したアラカンじじい

闘病記ブログ 前立腺がん 50代ダビンチ手術:もう主治医もナースもいない。1人で頑張るぞ

 
ひとりぼっち
この記事を書いている人 - WRITER -
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

まとめ(自宅療養1週目)

入院時の緊張の糸が切れ、疲れがドッと出る

一番痛いのは(筆者の場合ですが…)

痛み止め抗生物質が命の綱

肛門まわり鈍痛も出てくる

おしっこしてもまだ痛い

尿漏れの改善は進まず(筆者の場合)

尿漏れからオムツかぶれ

⑧体を寝かせている尿貯まっていく

⑨長時間座り続ける鈍痛が襲ってくる
________________________

《まとめとコメントの紹介動画》
↓↓↓↓↓↓

______________________

《2020-5/18 追記》
2週目は以下です。参考にどうぞ。
↓↓↓↓
⇒ 予想外の展開で大ピンチ!

 

プチ情報(ラッキーな制度を見落とすな)

健康保険の高額療養費制度
窓口で支払う医療費のお金を抑えることができます。
事前に限度額適用認定証の発行申請をしておきましょう。

健康保険の傷病手当金
給与減額無給になった時の給与の約3分の2が1年6か月間、補てんしてもらえます。
でも、自営業者の方にはこの制度が無いそうです。

厚生年金&国民年金の障害年金
治療前の仕事や生活に支障を生じた場合に申請できます。

税金を抑える医療費控除
1年間に高額の医療費を支払ったら忘れず申請しましょう。

註)出典:大阪市立総合医療センター がん相談支援センター.就労支援相談だより №6.2016年7月発行

就労支援相談だよりNo.6

《筆者撮影》肺で通院中の病院にありました

 

あっ、忘れてました。

当サイトに広告が一切ない理由をあなただけにお教えするのを忘れるところでした。
ごめんなさい。実は、、、






僕が勤めている設計会社はすごくきびしくて、副業を認めてくれないので、この程度のブログのわずかな広告収入をふところに入れていることがバレて、まさかの懲戒処分を受けるはめになるのが怖いからです。あしからず。。。

会社を辞めたら、ガッポリもうけるぞー(僕)

 

って、あんた癌はどうすんの?(妻)

《最後までお読みくださってありがとうございました。ぜひコメントもお寄せください!》

 

この記事を書いている人 - WRITER -
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. タコス より:

    フラッターさん、ブログ更新ありがとうございます!
    退院後の約一週間、やっぱり、疲れと鈍痛でダウンしてしまうのですね。ボクも術後、どれくらいで仕事に復帰できるかあれこれ考えている最中ですが、少なくとも退院一週間がどんな状況か良く分かりました。確かに、針生検の時も、家に帰って落ち着いたら、疲れや鈍痛がじわじわと襲ってきました。それの数倍凄い奴と考えるべきでしょうか。今は不安だらけですが、フラッターさんのブログで予測しておくことが大事だと自分に言い聞かせています!

    • フラッター49 より:

      タコスさん

      いつもコメントありがとうございます。

      実は自宅療養に1か月半も費やしてしまいました。

      退院した時は“1週間ぐらいで会社に行けるかな”と考えていたのですが、なかなか痛みが引かず、とにかく長時間座ることができなかったので、無理せず、診断書を書いてもらいました。

      主治医の説明では、術後の回復日数は個人差が大きく、すぐに仕事に復帰できる人もいれば、僕のように長引く人もいるようです。

      僕のケースは主治医の経験上でも最悪のようで(ブログにも書きましたが、)前立腺が3倍ぐらいまで肥大していたことが影響しているそうです。

      逆に言えば、(最悪でも)1か月半以内には間違いなく仕事に復帰できますよ。

  2. タコス より:

    返信ありがとうございます!
    職場復帰まで一か月半ですか、でも、最悪でも一ヶ月半以内には間違いなく復帰できるというお言葉、勇気づけられます!ボクはまだまだこれから手術です。先は長いですが、早く復帰できることを願って頑張ります!

    • フラッター49 より:

      タコスさん

      ごめんなさい。不安な気持ちにさせてしまい、申し訳ないです。

      僕の場合は特殊なケースですので、例外と受け止め、悲観的にならないでくださいね。

      実は、“ちょっと痛いけど、仕事に行こうかな”と考えていた矢先に熱を出してしまうという不運が2回続き、結局、体調が戻るまでの自宅療養が1か月半に及んでしまったという顛末です。

      今思えば、長距離通勤ということもあり、恥ずかしながら、ちょっと弱気になっていたのかもしれません。

  3. タコス より:

    いえいえ、励みにこそなれ、不安になんかなってません、お気遣いありがとうございます!
    長距離の通勤はハードですよね。会社でも座りっぱなしでは、股間の痛みも倍増しますよね。
    ボクもデスクワークで、しかも前立腺の大きさが50cc以上もあるので、フラッターさんと似ているのかもしれません。

    • フラッター49 より:

      タコスさん

      ありがとうございます。

      “前立腺の大きさが50cc以上”なんですね。

      確かに容積で比較しないとわからないですよね。

      僕の主治医はこんなにわかりやすく説明してくれないので、うらやましいです。

      ネット情報(Wikipedia)によると…“20mL<前立腺体積<50mL は中等症、50mL以上で重症とされる”とのことですので、僕は“3倍以上”でしたから、60cc以上ということか… 勉強になります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© フラッター49|森本雅昭 の Blog , 2020 All Rights Reserved.