「ボケたくないじじい」が頭の中のいらないゴミを捨てていきます。

体験ブログ 50代 前立腺がんダヴィンチ手術:尿道バルーンよ、さらば!痛いの痛いの飛んでった

2020/09/17
 
抜くよ
この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトには広告が一切ありません。
ご安心ください。
→広告がない驚愕きょうがくの理由は最後にお教えします。
_____________________

何?ロボットが俺のがんを手術するってか?
それも名前がダ・ビンチだと?
ふざけんじゃねぇぜ!と強がるも、
頼みの綱は最新医療。
悩みに悩んで決心し、
もうこやつにすがるしかねぇ。
半信半疑で命をたくし、
まばたきしたら終わってた。
ち〇ち〇の管がちと気になるが、
ダ・ビンチさんよ、てぇしたもんだ。
主治医が言うには10日で退院。
ついに8日目迎えたぞ。
そろそろ退院見えてきた。。。。

『この長すぎる前口上まえこうじょう(みたいなの)、どこまで続くんだろう?』

と不安になってきた貴兄へ。。

ダ・ヴィンチ(da Vinci)手術とは、アメリカのインテュイティヴ・サージカル社が開発した手術支援用ロボット「ダ・ヴィンチ」を用いた手術のことです。

________________________

さみしさにめげそうな土日をなんとかしのぎ、
歩きに歩いた甲斐かいあって、血尿が薄まってきて、
ついに勝負の日がやってきましたね。

努力はうそをつきませんよ。

でも、ち〇ち〇の管を抜く時って痛いのかなー?
_____________________

もうちょっとで我が家に帰れますよ。

前立腺癌ぜんりつせんがんと格闘中のアラカンじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。

________________________

悩みの種のち〇ち〇の管とやっとおさらばじゃ!

でも、ちょっと待てよ。ちんポジが数mm変わっただけで、激痛が走ってるよなぁ~

ってことは、、、

いざ抜くって時はどのくれぇ痛いんじゃーー!

っと、不安ぬぐいきれない、
発狂寸前のアラカンじじい…
________________________

遠距離通勤残業やり放題の合わせ技で
時間睡眠を10年間やり続けて最悪の結末…
『前立腺腫瘍しゅようマーカーPSA14
prostate specific antigen : 前立腺特異抗原ぜんりつせんとくいこうげん

にびっくり仰天ぎょうてん
とどのつまりは案の定、前立腺の宣告を受け、
なんやかんやでロボット手術で取っていだだき、
ち〇ち〇の管の痛みにもんどりうって耐えに耐え
ついにやって来た月曜日

前回のおさらい

《ごめんなさい。短か目に終わらせます。》

待望の月曜日まであと1日までたどり着いた。

今日もがんばって歩くぞと気合を入れるも、
ベテランナースさんの口車に乗っちゃった。

よもやの引っ越しで心地よい汗をかき、偶然にも
さわやかに癌へ立ち向かう大先輩と出会えた。

註)前回の記事は以下です。参考にどうぞ。
⇒ 今日は日曜、なぜかお引越し。そして大先輩

《短い動画もあります…》
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

尿道バルーンを抜く時って痛いの?

《すみません。ここからが本題です。》

待ちに待った月曜日の朝を迎えました。

もはやルーチンワークとなった“朝のお散歩”

いつもと違うウキウキ感に心を躍らせながら足取りも軽く…、のはずなんですが、今思えば、とにかくコケなくて良かったです。

それぐらいルンルン気分で、ある意味、危険な行動でした…
(もしコケていたら…。ゾッ…。良い子のあなたはマネしないでね💛)

月曜の尿道バルーン

《筆者撮影》まだちょっと赤いぞ、大丈夫かな?

 

で、ひと仕事終えて、もう来るか、もう来るかと息をひそめ、主治医の登場に備え、心の準備をする僕でした。

しかし、待てど暮らせど、何の音沙汰おとさたもありません。

すると隣の大先輩様子を見に来たナースさんとなにやらひそひそ話しを始めました。

註)
みなさん、勘違いしないでくださいね。
この会話は膀胱ぼうこう転移に体をむしばまれ、強烈な痛みにもんどりうちながら、わずかに残った力を振り絞って発せられた言葉です。

今日もち〇ち〇の管が痛いねん。
ちょっと見てみぃ。赤くれてるわ。
(大先輩)

 

あっ、ほんとに。(ナースさん)

 

この管、抜く時なぁ、痛くて飛び上がるんやで~。
わからんやろ?(大先輩)







え“-。ちょっと待ってぇー。

うすうす気にはなっていたが、やっぱり痛いんでねーの?

痛いの、嫌やなぁ~

と無意識に…

 

ブログってほんとに怖い…

恐怖におののく僕は、

尿道バルーン” “抜く” “痛い でググってました。

そして、(ヒットしなくてもいいのに)

痛い思いをされた方々の体験談が見つかってしまいました。

“こんなの見てはいけない”といましめる自分と、“もしかして、痛くなかったよーという結論が書いてあるかも”という自分と、“情報は多いほどいいのだ!”という3人の自分葛藤かっとうし始めました。

そして、(今苦しんでおられるあなたなら、もうおわかりですよね。)病人の心理からして、当然ながら、怖いもの見たさで、勝手に指が動き、禁断のサイトにアクセスしてしまっていたのです。

でもまだ最後のチャンスは残っています。

そうです。簡単です。

てめぇらの情報なんかにすがる俺じゃねぇ。
俺はどんな痛みでも耐えてみせるぜぇ!

と思いっきりスマホの電源をぶち切るだけでいいのです。(今思えばですけど…)

ところが…

あーあ、開いちゃった。
せっかく開いたんだし、
一応、見ぃ―とこっと。

とあっさり読み始める“ネット社会に飲み込まれた”僕。

そして、あなたの予想どおり、(詳細はあえて書きませんが、)自らが痛みにもんどり打つ光景が脳裏にり込まれ、恐怖のふちに立たされた僕。

そして、

絶対、こうなると思ってた。
俺って何やってんだ!

後悔の念れる僕。。。

 

あるブログに救われる

いやっ、そ、そ、そんなはずはない…

じぇーんじぇーん痛くねぇーってブログも絶対あるはず!と遮二無二しゃにむに、ググり続ける僕。

そして、ようやくたどり着きました。

簡単に要約すると…

大半の闘病ブロガー(例えば、95%としましょう)は痛みを感じず、当然ながら、印象に残らないような当たり前のこと(すなわち、尿道バルーンを抜く時、痛くなかったということ)をわざわざブログには書かない

逆に、、

少数の闘病ブロガー(例えば、5%としましょう)は強烈な痛みを感じ、当然ながら、つらかったこと(すなわち、尿道バルーンを抜く時、すごく痛かったということ)をブログに書く

忠告してくださっているのです。

そうか、
俺は少数派の体験をつい鵜呑うのみにして、
ビビッてるだけなのか…

♪私バカよねー。♪おバカさんよねー。
と反省しつつも、

いやいや、
そうは言っても、俺って、
その5%に入ってるのかも…

と、またまた限りなく混乱していく僕なのでした。

 

突然、お呼びがかかった…

そうこうする内に、早くもお昼となりました。

気が気でない中、緊張で喉を通らぬ昼食をベッドで一人さみしく、TVで気分をまぎらせながらモグモグといただいていると…

おそらく、半分ぐらい食べ終えた時、突然、小走りでナースさん(←そこそこ美人)が入ってきて、

造影剤検査から『今から来てください』と
お呼びがかかってますけど、行けますか?

とかなりあせってる様子。

始めは訳がわからなかったものの、

あっ、ついに来たかっ!

突然の朗報におろおろしながらも、飲み込み掛けたご飯が口に入ったまま

ははひはひは、うぐっ!
⇒翻訳:わかりました!
(“うぐっ”は翻訳不可)

と、もちのろんで即答(待ってたぜー)

残された昼食くんに負い目を感じ、後ろ髪(ちなみに僕はスポーツ刈りです)を惹かれながら、名残惜なごりおしくも病室を後にし、

ナースさん(←若くてそこそこ美人)と共に検査室へ向かったのです。

その道中、エレベータがなかなか来てくれず、時間を持て余した僕は、こらえきれず、ついに意を決して、ナースさん(←若くてモデル体型でそこそこ美人)へ僕のかなわぬ思いを伝えたのです…

ナースさん

《ここに来て、まさかのナンパ?》
このブログ、嫁さん読んでないだろな…

続きは次ページで、
広告はありません。お気軽に下の2クリック下さい。
↓↓↓↓↓

固定ページ: 1 2

この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. アバター タコス より:

    手術後の療養中にもかかわらず、更新ありがとうございます。
    ロボット手術を6月に控え、それもコロナによる医療崩壊でさらに延期にならないように、ひたすら祈っているタコスです。不安の中、楽しみにしているこのブログ。今回も「尿道カテーテルを抜くのは、覚悟していたほど痛くない」という明るい情報をいただき、心に灯火がポッと灯った思いです。その後に起こる悲劇とは……?気になるところですね。ボクは都内ですが、関西もコロナが大変ですね。くれぐれも感染しないように、ご自愛ください。

    • フラッター49 フラッター49 より:

      タコスさん

      いつもコメントありがとうございます。

      先日、嫁はんに「毎回、律儀にコメントを送ってくれるありがたい人がおんねん。(いるんだよ。)」とタコスさんからいただいたコメントの話しをしておりましたら、嫁はんからきつい一言。
      「あんたかて癌が見つかるんがあとひと月遅かったら、待たなあかんかったんちゃうん?(待たないといけなかったのではないですか?)」

      僕ははっとしました。

      タコスさんの大変さを他人事のように受け止めていました。
      本当に申し訳ないです。

  2. アバター タコス より:

    返信ありがとうございます。病院では、コロナの影響があるので「待てる手術は待つ」という方針がとられているらしく、ボクの場合はごく初期で、PSAもさほど高くなかったので「待てる」と判断されたのだと思います。
    初期で発見できたことに感謝しつつ、先生を信じて待つしかありません。とは言うものの、時間がありすぎると、いろいろと考えてしまい、不安になります。フラッターさんのブログはその不安を和らげてくれます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゴールは49週後 , 2020 All Rights Reserved.