前立腺癌から生還したアラカンじじい

50代 前立腺がん ダ・ヴィンチ手術療養体験記ブログ【癌になって感じること】

 
抗議
この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトには広告が一切ありません。
ご安心ください。
→広告がない驚愕きょうがくの理由は最後にお教えします。
________________________

こんにちは。
前立腺癌ぜんりつせんがんと格闘中のアラカンじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。
________________________

になって感じること

最近、仕事中にボーっと回りをながめているとふと感じてしまうのですが…

実は職場のみなさんは今の僕の姿を見て

(職場のみなさんの心の声…)
のくせに2時間も電車に乗って
のこのことやって来て
そんなへとへと状態で仕事できんのかよ?
いかにも頑張ってますって涼しい顔してるけど
そのカラ元気のアピールがうっとうしいんだよ!
普通だったらさっさと辞めるんじゃねぇの?
早くいなくなれよー

と考えているようにしか思えなくて仕方ないのです…

僕の事なんか全く関心が無く、なんの感情もわいてないことはもちろん良くわかってるんですよ

でも、自分がであることを冷静に自分の中でまだ処理できないんですよ

大袈裟に言えば、どう振る舞えばいいのか、迷いに迷ってるのです

自分としては、頑張れること自体が嬉しいのですが、

頑張ることはむしろ恥ずかしいことなのでしょうか?

ということで…長々と失礼いたしました。

で、結論!

続けたいのなら、頑張ってみるも良し

しんどいのなら、一旦ゆっくり休むも良し

生まれ変わったと思うなら、
思い切って新しいことに挑戦するも良し

_____________________

それでは、お待たせしました。
本題の”ダ・ヴィンチ手術療養記”をご報告します。
_____________________

ちなみに僕は、前立腺腫瘍しゅようマーカーPSA14(←基準値は10以上はの確立50~80%)まで上昇し、針生検はりせいけんにて早期の前立腺が見つかり、ロボット支援手術(ダ・ヴィンチ手術)で全摘出していただきました。

過去のブログはこちら ⇒ 前立腺癌アラカン闘病記

そして…

本ブログでは、退院後に僕が書き止めた手記をあなたにシェアさせてもらいました。

ちなみに今回は
退院後11&12週目(仕事復帰後4&5週目)
です…

註)
実は僕の前立腺は通常の3倍の大きさに肥大していたそうで、あなたに当てはまらない特異な情報も含まれていますので、ご参考程度にお読みいただければ幸いです。

前回の10週目はこちら ⇒ 会社辞めるんか思たら、辞めへんのか~い!

 

退院後11&12週目(仕事復帰後の4&5週目)はこんな感じ

(5カ月前の記憶を辿たどりながら加筆したよ…)

退院後72日(仕事復帰から25日目)

明日は復帰後、初の5連勤の最終日

なんとか行けそう

やはり、フレックス退社が大きい
______________________

退院後73日(仕事復帰から26日目)

就寝時にもかなりおしっこがまっている
うれしい)

が、

頻尿ひんにょうの度合いが手術前に戻ってしまった
(残念)

(癌とは関係無いと思うが、)
息切れがひどいので、喘息ぜんそくの吸入の回数を増やしたら、少しましになった
(花粉症の影響か?)

追記:僕は喘息持ちです

喘息

《筆者撮影:お呼びでない、こりゃまった・・・》

 

今日はほとんどおむつが汚れておらず白い部分が多く残っている
(快挙だ!)

とにかく、5連勤は無事に終わった
______________________

退院後74日(仕事復帰から27日目)

今、気付いたが、尿瓶しびんにおしっこする時の尿道痛み消えている

こんなありがたいことに気づかないとは
なんという 不覚っ!
______________________

退院後75日(仕事復帰から28日目)

新型コロナウィルスの影響?で昨日今日と2日間、外に出ずブログ三昧

以前よりもおむつのにおひどいように感じるのは気のせい?

今日は尿瓶に800cc×3杯でおむつ交換無し
_________________________

退院後76日(仕事復帰から29日目)

そろそろ小便用の便器で用を足す練習をせねば

追記:おむつ着用のため、会社ではおしっこも大きい方でやってます
______________________

退院後77日(仕事復帰から30日目)


退院後78日(仕事復帰から31日目)



えっ!
仕事復帰から1か月でついにこの体験記も力尽きたか…
(今日がまさかの最終回?)

疲れた

続きは次ページで、
広告はありません。お気軽に下の2クリック下さい。
↓↓↓↓↓

固定ページ: 1 2

この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. アバター タコス より:

    更新ご苦労さまです!
    ボクもちょうど退院12週目の真っ只中です。玉の鈍痛はだいぶ和らいできましたが、油断するとまた痛かったりして、まだまだスッキリしません。9月は忙しくなりそうだし、早く傷を癒やさねばと焦ってしまいます。今回の冒頭の「癌になって感じること」には、考えさせられる物がありました。やっぱり、まわりの目は気になりますよね。心配してくれているのはありがたくても、特別な目で見られていると思うと、へこみますよね。間寛平さんが、「癌になったことなんか忘れてしまうのが一番や」とおっしゃっていました。忘れることが出来るなら、忘れたい。それが当然の心の動きだと思います。でも、周囲の人たちはいつまでも、「癌の人」という目で見てしまいます。気にしないことが一番だとは思うのですが。5ヶ月後のフラッターさんが仕事を続けているのかどうか、気になるところです。

    • タコスさん、コメントありがとうございます。

      寛平ちゃんもええことゆうなぁと思いました。
      確かにいつまでもずるずると引きずったところでどうにもならないですもんね。
      また、いい言葉があったら教えてくださいね。

      仕事の方は冬のボーナスまでがんばることにしました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フラッター49 の アラカンブログ , 2020 All Rights Reserved.