前立腺癌から生還したアラカンじじい

前立腺がん ダ・ヴィンチ手術 50代療養記 会社辞めるんか思たら、辞めへんのか~い!

 
辞めようか
この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトには広告一切ありません。
ご安心ください。
→広告がない驚愕きょうがくの理由は最後にお教えします。
________________________

お疲れのところ失礼します。
前立腺癌ぜんりつせんがんと格闘中のアラカンじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。
________________________

今思えば…

前立腺癌が見つかってしまった時、失礼っ!、見つけていただいた時の心境を振り返ってみますと、早期癌であったことが大きいのでしょうが…)確かにショックはショックだったのですが、意外とあまり落ち込んでいなかったような気がします。

むしろ逆に

会社をめる口実こうじつとなって、
ちょうど都合がいい

とポジティブ?に切り替えていたのは間違いないです。
(結局、僕自身が”俺こそ、この世で一番苦労している男”と思い込んじゃってたんでしょうけどね…)

ですから、に対しては、特にナーバスになることもなく、淡々と治療に取り組めたようにも感じます。
針生検はりせいけんからあれよあれよという間の手術でしたから、ナーバスになる暇がなかったのも事実ですが…)

ちなみに手術日が決まった数日後、やけくそで上司へ”退職願い”を出しちゃったのですが、

退職願

《筆者撮影:はっきり言って…恥さらし》

 

上司からは

これが総務へ出てしまうと事務的にどんどん進んでいってしまうので、手術が終わって状況を見てからもう一回話しをしよう

との慰留いりゅうを受け、新型コロナの中、いつの間にか8か月ってしまいました。

この慰留は大人の対応? 本心は…

こんな時にややこしいこと言うんじゃねぇ!

と、怒り心頭だったとお察しします。
ごめんなさい。



《いつもの事ですが、長々と僕は何を書いてるんでしょうね》

 

まぁ、これはこれで置いといて…

では、お待たせしました。
本題の”ダ・ヴィンチ手術療養記”へと進みましょう。
________________________

ちなみに僕は、前立腺腫瘍マーカーPSA14(←基準値は10以上はの確立50~80%)まで上昇し、針生検にて早期の前立腺が見つかり、ロボット支援手術(ダ・ヴィンチ手術)で全摘出していただきました。

過去のブログはこちら ⇒ 前立腺癌アラカン闘病記

そして…

本ブログでは、退院後に僕が書き止めた手記をあなたにシェアさせてもらいました。
(今回は退院後10週目⇒仕事復帰後3週目です。)

註)
実は僕の前立腺は通常の3倍の大きさに肥大していたそうで、あなたに当てはまらない特異な情報も含まれていますので、ご参考程度にお読みいただければ幸いです。

前回の9週目はこちら ⇒ おむつ超?人ポトポトマン参上

《短い動画もあります…》
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

退院後10週目(仕事復帰後の3週目)はこんな感じ

(5カ月前の記憶を辿たどりながら加筆したよ…)

退院後65日(仕事復帰から18日目)

夜中に一瞬目覚めざめてすぐ寝たが、3:30にまた目が覚めて尿瓶しびんおしっこし、ウトウトしながらアラーム(4:25)で起きた
(今日は睡眠不足

今日は会議のため、フレックス退社できず、しんどい

帰宅後いつものようにスーパーくんはずし(←なんとか1枚でいけている)パンツ式おむつだけになり、いつものように寝るときだけ尿とりパッドを付ける(3種類もあると何が何やらさっぱりわからないですよね)

詳しくは ⇒ 仕事せぇへんのか思たら、するんか~い!
詳しくは ⇒ ダ・ヴィンチ手術から24時間、2日目へ突入

22:45に就寝
______________________

退院後66日(仕事復帰から19日目)

アラーム(4:25)の2分前に目覚める
(睡眠時間は5時間半)

尿とりパッドパンツ式おむつも少しれているため、まだはずせない

睾丸こうがん痛み刺激が加わった時だけだが、電車などでの立ち座り時にも鈍痛どんつうがあり、まだまだ回復とは言えない

週末は明らかに足どりが重い

駅に着く頃には呼吸も苦しい
(朝の往路は下り坂にもかかわらず…)

やはり回復への道は遠い

疲労こんぱい
______________________

退院後67日(仕事復帰から20日目)

(今日は土曜日、ちなみに2/29です。
新型コロナウィルスのあおりを受け、マスクのみならず、他の紙製品(ティッシュ、トイレットペーパー、おむつ)の生産にも影響が出るとのネット情報を察知し、朝一番にドラッグストアへと向かった(←こーゆーのがいるから、おおごとに発展するのだ!)

おむつだけはいつもどおり商品棚にびっしり陳列ちんれつされており、問題なかった
(ホッ。でも、おむつ以外は無くなっていた)
______________________

退院後68日(仕事復帰から21日目)

(今日は日曜日)一歩も外に出ず

尿瓶には(小出しで)総量2000ccぐらいまったかな?

最近、尿漏れのリハビリ骨盤底筋こつばんていきん)がおろそかになっているので、再開しようと思うも(おしっこが溜まり始めた頃から)なかなか身が入らない
(排尿中におしっこ止めるのはかなり筋力を使うため疲れるのだ)

______________________

さぁ、(あなたはもうお忘れかもしれませんが、)あの退職願いはこれからどうなるのでしょうか?

続きは次ページで、
広告はありません。お気軽に下の2クリック下さい。
↓↓↓↓↓

固定ページ: 1 2

この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. アバター タコス より:

    ボクも退院後10週目に入りました。やっとこのブログに追いついたというワケですね(笑)。フラッターさんは、10週目にして、「体力の消耗を感じ、回復への道は遠い」と書かれておりますが、まさにその通り!ボクも尿漏れと玉の痛みが一進一退で、まだ回復への道は遠いのか、じれったいな、早く痛みも漏れも収まらないかなと、はがゆさでイライラしてしまいます。先日も、お墓参りのために往復4時間以上運転したところ、翌日鈍痛がひどくて……。ブログ執筆時から5ヶ月たったフラッターさんはもう痛みから解放されているのでしょうか、それともまだ無理はできない状態なのでしょうか?

    • タコスさん、コメントありがとうございます。

      “痛み”ですが…
      日記を読み返してみましたら、”痛”の文字は3月の終わり頃まで出てきます。

      『3/26 今日は左側の股関節部とさらにおまけで金玉まで痛い』

      『3/27 今日は痛みが消えた』

      を最後に”痛”の文字は出てきませんでした。(←3か月で痛みが消えたということになります。)

      ただし、今でも下腹部が突然ズキズキする時もありますが、半日以上続くことはありません。

      体力の方も完全に戻っていますので、この療養記ブログもそろそろ終わりに近づいています。

      最終回?では”勃起障害”について書いてみようかな…(僕は完全にアウトのようです…)

      で、実はお盆休み中に動画も撮ってみました。(家族からは完全に無視されています。)
      針生検のブログを読んでいるだけの動画でお恥ずかしいのですが、お暇なときに気が向かれましたらチラッと見てもらえたら嬉しいような、申し訳ないような…(気分が悪くなったらぶち切ってください。)→https://flutter49.com/prostate-needle-biopsy/

  2. アバター タコス より:

    フラッターさん、ありがとうございます!3ヶ月で痛みが消えたとのこと、術後の経過は人それぞれでしょうが、励みになります。希望が持てました。体力も回復なさったとのこと、何よりです!療養記ブログが終了するのは寂しいような気もしますが、回復し、書くことがなくなるのは良いことですね!終了後もこのブログを参考に、励みにする人も多いことと思います。勃起障害の件も興味あるところですね。それと、動画、拝見しました!優しい語り口で、どこかのドクターのような印象ですね。針生検は怖くないと言うことが素直に伝わって来ました。今後のご活躍を応援しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フラッター49 の アラカンブログ , 2020 All Rights Reserved.