前立腺癌から生還したアラカンじじい

思わずうなづく、新人研修レポ上司コメント>思考回路の切り替えなんて、やっぱ無理!

 
変身
この記事を書いている人 - WRITER -
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトは商業活動を展開しておりません。
ご安心ください。
______________________

こんにちは。
ボケたくないじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。

春ですね。

新入社員のあなたにとっては、人生最大級レベルで緊張する時期ですね。

なぜかイライラしている新入社員さんあなた

朝から一生懸命仕事をしているのに
「なんかイライラするーっ!」
と大声で叫びたくなってきませんか?

そこで、新入社員である、あなたの参考になればと思い、とある設計会社の新人研修レポートに書かれていた気になる一文とその一文への(名付けて…)思いやりコメントを紹介させてもらうことにしました。

(このコメントはメンターとして、上司である僕が実際に書いたものです。)

まずは結論!

実は、メンター指導者さんはあなた新人君に対し、

こんなのできなくて当り前、
俺だってできないんだから…

とやる気スイッチを押したくなるんですよ…
______________________

《短い動画もあります…》
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

研修レポートにこんな気になる一文を見つけたぞ!

それではまず、ある研修レポートに書かれていた気になる一文をご紹介します。

これです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

機外口出し線と短絡バーの取り合いで接触電流密度が基準を満たせていないなどの問題が残りました。

原因としては、事前準備として〇〇部分の構造を把握しきれていなかったことと、初めに絶縁距離電流密度の基準を考慮できていなかったことがあげられます。

基礎図の作成については、鉄筋配置図が読図できず…

メンターの思いやりコメントはこんな感じです。

この一文に対し、メンター思いやりコメントは、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

僕だけなのかもしれませんが、機械系の人間にとって
>『電流密度』とか『絶縁距離
がどうのこうのとか言われても、もひとつピンと来ないんです。

たいがいは「何それ?壊れずにちゃんと動いたら文句ないっしょ」としか思えません。

つまり、機械系の人間が一時的に電気系の思考回路へ切り替えるのは、なかなか難しいことなのです。
(僕は電気が大嫌いで生理的にも受け付けないので、特にその傾向が強いです。)

今、〇〇君が目指している「一人前のエンジニア」に少しでも近付くためには…

電気的な面や(これも今週のレポートに出てきましたが→)『基礎』 などの土木的な面でも、条件が十分に満たされているか常に目を光らせることが要求されて、本当に大変です。

しかし、大変である反面、広範囲の知識を身に付けることができて、ユーティリティーと言うかオールラウンドな設計者に近付ける可能性が高くなりますね。

でした…

知らないと言える人になれ

筆者から一言(本ブログへ込めた願い)

このブログでは、“しんどい、休みたい、やめたい、転職したい”と悩んでおられる新入社員のあなたが少しでも前向きになってもらえればと、研修レポートのコメント(メンターである僕が実際に書いたもの)を紹介させてもらいました。

僕の会社は電機メーカの子会社で、研修レポートを書いた新人設計者は水車発電機を設計しています。
(ただし、僕の専門はタービン発電機ですので、水車発電機のことはほとんどわかっていません。。。)

できれば、コメントをお書きになる側の研修指導員管理職の方々にも読んでみていただきたいです。

あいさつだけならハードル低いぞ(…でも、その効果は抜群)

とにかく、新人のあなたが、今の「怖いもの知らず」のうちにまずやっておくべきことは、

(ちょこっと勇気を振り絞ってみて…)
回りのいろんな先輩に「おはようございます」みたいな感じであいさつをしてみましょう。

あいさつが返ってこなかったらへこみますよね。でも…
あいさつ自分から一歩、前へ踏み出す心を育てるためにやっているんだ! だから、相手の反応(…返ってくるとかこないとか)はどうでもいいんだ!』
と、へこんだ自分に言い聞かせてみると、続けることができますよ。

(そして、ストレスをあまり感じない先輩が見つかったら…)
こちらから少しずつ話し掛けていって、仲良くなってもらえたらしめたものです。

時々たわいのない会話(SNSでもok)をして、心にたまった変なもの(?)を吐き出して、聞いてもらうだけでも少しは楽になりますよ。
(ただし、くれぐれも相手を間違えないようにしましょうね。)

階段の標語_あいさつは元気な声で

《最後までお読みくださってありがとうございました。》

ほんとはこれを見てもらって、少しでも楽になってほしかったんです。

おまけのおすすめ動画です…

科学者 武田邦彦氏 と 冷静沈着アシスタント 倉嶋桃子さんの「ホントの話。」から 【超お宝メッセージ】です。

26:30 から聞いてみてください。ブルーな気分が楽になりますよ。)

武田邦彦氏の「ホントの話。」は隔週金曜日の夜7時から「クローバーメディア」
「トモダチTV」でネット放送されていますよ。僕は必ず見てます。

この番組ではなんと、あの武田氏が終始真剣に熱く語っていますよ。注目です!

《こんなおまけ(←武田先生ごめんなさい。)までお読みくださったことに感謝いたします。ぜひコメントもお寄せください!》

この記事を書いている人 - WRITER -
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フラッター49 の アラカンBlog , 2019 All Rights Reserved.