前立腺癌から生還したアラカンじじい

研修 しんどい!>メンターコメントはまさかの「少しだけでも感じ取って…」

 
しんどい
この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトには広告が一切ありません。
ご安心ください。
________________________

ようこそ。
ボケたくないじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。

いよいよ初出社の4月1日ですね。心の準備できていますか?

ルーキー機械技術者のあなたにとっては、人生最大級レベルで緊張するしんどい時期ですね。

“研修 しんどい” …憂鬱なあなたへ

やっと社会へ羽ばたけるものの、しんどくなってきて
「新しい勤務先で研修するのがしんどーい!行きたくねー!」
みたいな感じでぼやいたりしてませんか?

そこで、ルーキーである、あなたの参考になればと思い、とある設計会社の新人研修日誌に書かれていた気になる報告とその報告への(名付けて…)じこまんアドバイスを紹介させてもらうことにしました。

まずは結論!

実は、指導者メンターさんはあなたに対し、

お前が苦労しないように
俺の体験を教えておいてやるから
お前はこれだけ注意しときゃいいんだ

とついつい武勇伝を語ってしまうんです。

だから、申し訳ないけど、新人君あなた

聞いてるふりだけしとけばいいんだよ
_____________________

《短い動画もあります…》
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

研修日誌にこんな気になる報告を見つけたぞ!

それではまず、ある研修日誌に書いてあった気になる報告をご紹介します。

これです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

…あと○週ほどは親会社の巡回研修のため、水車発電機の設計業務があまりできませんが、新しく仕事を覚えられる今回の様な機会は、集中して多くの知識を吸収できるようにしたいと思います。… 

メンターのじこまんアドバイスはこんな感じです。

この報告に対し、メンターじこまんアドバイスは、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

“△△社( ← 筆者説明 : 親会社のことです。)の人間と協力会社の人間の間には、いくら指導してもどうしても縮まらない差がある。”
よく △△社の係長クラスの方が嘆いておられ、肩身の狭い思いをすることがあります。

おそらく能力的なものではなく、仕事に対する執念のようなものだと思います。

今回の巡回研修で、少しでも感じ取ってもらえるとうれしいです。

でした…

註)最後の行は、
「…研修で、あなたは一生懸命にやらなくてもいいんです。
少しでも感じ取ってもらえるだけでうれしいんです。」
とすべきでした。。。

人生心がけのカバー題字1

筆者から一言(本ブログへ込めた願い)

このブログでは、“しんどい、休みたい、やめたい、転職したい”と悩んでおられる新入社員のあなたが少しでも前向きになってもらえればと、研修レポートのコメント(メンターである僕が実際に書いたもの)を紹介させてもらいました。

僕の会社は電機メーカの子会社で、研修レポートを書いた新人設計者は水車発電機を設計しています。
(ただし、僕の専門はタービン発電機ですので、水車発電機のことはほとんどわかっていません。。。)

できれば、コメントをお書きになる側の研修指導員管理職の方々にも読んでみていただきたいです。

こちらの記事も参考にしていただけるとありがたいです。

①立場が逆転。どの様にフォローするとギクシャクせずにスムーズに動いてもらえるのか?
クリック⇒ 成長した新人へメンターからのアドバイス(研修レポから)>立場が逆転しても悩みは尽きないぞ。

②大変な反面やりがいもある、わからないことはわからないで割り切って
クリック⇒ 研修レポのメンターアドバイスで新人へ「身近なスペシャリスト」を教えてあげた

③意外と先輩は「どんどん聞いて来い!」と待ってくれているものなのだ
クリック⇒ 新人へ発破を掛けるメンターメッセージは>「頭の中で整理するのは無理」

あいさつだけならハードル低いぞ(…でも、その効果は抜群)

とにかく、ルーキーのあなたが、今の「怖いもの知らず」のうちにまずやっておくべきことは、

(ちょこっと勇気を振り絞ってみて…)
回りのいろんな先輩に「おはようございます」みたいな感じであいさつをしてみましょう。

あいさつが返ってこなかったらへこみますよね。でも…
あいさつ自分から一歩、前へ踏み出す心を育てるためにやっているんだ! だから、相手の反応(…返ってくるとかこないとか)はどうでもいいんだ!』
と、へこんだ自分に言い聞かせてみると、続けることができますよ。

(そして、ストレスをあまり感じない先輩が見つかったら…)
こちらから少しずつ話し掛けていって、仲良くなってもらえたらしめたものです。

時々たわいもない会話(SNSでもok)をして、心にたまった変なもの(?)を吐き出して、聞いてもらうだけでも少しは楽になりますよ。
(ただし、くれぐれも相手を間違えないようにしましょうね。)

南中校門前標語

《最後までお読みくださってありがとうございました。》

ほんとはこれを見てもらって、少しでも楽になってほしかったんです。

おまけのおすすめ動画です…

科学者 武田邦彦氏 と ほのぼのアシスタント 倉嶋桃子さんの「ホントの話。」から 【超お宝メッセージ】です。
26:30 から見てください。ブルーな気分が楽になりますよ。)

武田邦彦の「ホントの話。」は隔週金曜日の夜7時から「クローバーメディア」
「トモダチTV」でネット放送されていますよ。僕は必ず見てます。

どんな質問が来ても、飄々と確信を突く回答を出してくださる武田氏ははっきり言ってスゴイです。

(ちなみに、武田氏の音声ブログについても紹介していますよ。)
キーワードは「男の存在価値」です。
キーワードは「原発(原子力発電)」です。
キーワードは「人生」です。

《こんなおまけ(←武田先生ごめんなさい。)までお読みくださったことに感謝いたします。ぜひコメントもお寄せください!》

この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フラッター49 の アラカンブログ , 2019 All Rights Reserved.