前立腺癌から生還したアラカンじじい

前立腺がんダビンチ手術50代闘病記ブログ;えっ、カラオケと尿漏れって関係あんの?

 
カラオケ
この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトには広告が一切ありません。
ご安心ください。
→広告がない驚愕きょうがくの理由は最後にお教えします。
________________________

タコスさん。おかえりなさい。
前立腺癌ぜんりつせんがんと格闘中のアラカンじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。
________________________

今、実感する恩師の言葉…

そう言えば…

今、思い出しました。

今はき、我が恩師が常々、口にされておられました。

人の忠告をがんとして聞き入れない人が
がんわずらうのですよ。

。。。。。

そんな奴おらんやろー。
その程度の親父ギャグなんか
だーれも笑わんのじゃい!

と聞き流していました。

が、

いざ自分がまさかのになってしまうと…

俺って、そういう面もあるかも?

自分の足りない部分に気付かせてもらえたりします。
(気付いた時にはもう遅いってか?)
________________________

ちなみに僕は…

10年前の引っ越しからの長距離通勤
さらに、
仕事がとろいがゆえの残業やりまくり
から、
平均睡眠時間:4時間
となり、

ついに見るにみかねた家族から

“ええ加減にせぇ”

と忠告を受け続けていました。

しかし、能天気な僕は…

父方にも母方にもを患った者がいなかったことから

わては、NK(ナチュラル・キラー)細胞が
常に体の隅々まであふれ出てしまう、
ありがたいDNAをご先祖様から
引き継いどるんじゃぁーっ!

と周囲の忠告をがんとして聞き入れず
平均睡眠時間:4時間10年間ぶっ続けるのでした。

その結果…

前立腺腫瘍マーカーPSAが、14(←基準値は10以上はの確立50~80%)まで上昇し、針生検にて早期の前立腺が見つかり、約1か月前にロボット支援手術(ダ・ヴィンチ手術)で全摘出していただきました。

家族のみんな!ごめんなさい!

過去のブログはこちら ⇒ 前立腺癌アラカン闘病記

とゆーことで…

本ブログでは、退院後の自宅療養中に僕が書き止めた手記をあなたにシェアさせてもらいました。(今回は4週目です。)

註)
実は僕の前立腺は通常の3倍の大きさに肥大していたそうで、あなたに当てはまらない特異な情報も含まれていますので、ご参考程度にお読みいただければ幸いです。

前回の3週目はこちら ⇒ 会社へ行けねー!でも出社拒否じゃねー!

《短い動画もあります…》
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

自宅療養4週目はこんな感じ

 

退院から23日目

朝一のは36度0分(でもまだしんどい)

昼は36度5分(少しだけ元気)

夜は37度7分(寒い)

薬を飲んで寝ていると、汗ばんできた
(やったー)

ち〇ち〇ムズムズ感さえ無ければ、アイマスクとの併用で寝付きが良くなった
(結局、ち〇ち〇は、余計なことをせずにほったらかしの方がいいことがわかってきた)

上司より“積立休暇を適用する”との連絡あり

筆者註)切り捨てられる有給休暇を積み立て、病気療養などの決められた目的にのみその休暇が利用できるようにする制度
________________________

退院から24日目

朝一のは36度7分

少し寝て、ずぼらな愚息達の布団を上げていると汗ばんできてう〇こあふれてきた

久々にパソコンをさわり、少し疲れた

今日は悪寒おかん無し

寝る前の体温は36度8分

布団に入ると一瞬尿道にズキッ!と激痛が…
(今までこんな痛みが無かったので、あせった)

その後は無し

あの激痛は一体なんだったのだろうか?
________________________

退院から25日目

1時間毎に目覚めていたが、朝方の4時半から7時までぐっすり・・・・寝た(2時間半は新記録?)ので、久々のスッキリ感

しかし、相変わらず、お尻回り、左の睾丸こうがん)とその上の方(足の付け根からへその横)さらに左の太ももを内股にすると痛い

筆者註)はっきり言って、文章では伝わりませんよね?

朝のは36度1分

発熱以来、久々に万年床の布団を片付けた

その後、突然便意をもよおしたが、三男がトイレに入っていたため、間に合わずおむつへ大量に

噴出!

(先週のおねしょに続き、お漏らしの大失態…)

ところが午後におむつを見るとまた血痕けっこん

ショック

やっぱりう〇こいきむとあかんのかな?

しかし、その後は出血無し

シャワーはやはり気持ちいい

退院の前日にリハビリの先生から

おしっこの途中で止めてみることも訓練になりますよ

と教えてもらったことを思い出し、就寝後の1時間毎の排尿時の途中に5秒ぐらい止める練習をするも完全に止まらないことが多い
________________________

退院から26日目

朝のは36度3分

今日は肛門回りではなく、左の腰からお尻、足の付け根あたりがズキズキする
(どうやって座ろうか?)

少しすると右のお尻までズキズキしてきた。これは初めて
(昨日座りすぎたからかな?)

朝食後、いつもの痛み止めを飲んだもののしばらく痛みが続き、横になっていると痛みが引いてきた

パソコン作業はしんどくなってきたため、途中でギブアップ

夕食前に寒気おかんがし、37度7分

夕食時に汗ばみ、37度8分

(睾丸)がむちゃ痛い

22時半に大量の寝汗で目覚める。

は36度5分
________________________

今日は何の日

退院から27日目

ついに今日はあの日だ!
(緊張しているのがわかる)

そうそうあの日



そうそう確か~、結婚記念日?



そうそう忘れると大変!



じゃなくてー
あの日でしょーに


続きは次ページで、
広告はありません。お気軽に下の2クリック下さい。
↓↓↓↓↓

固定ページ: 1 2

この記事を書いている人 - WRITER -
フラッター49
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. アバター タコス より:

    フラッター様、ありがとうございます!最新ブログの冒頭に「タコスさん、おかえりなさい」の言葉、感涙いたしました。
    おかげさまで、無事に手術を終え、昨日元気に退院することができました!経過も順調で、予定よりも一日早い他院でした。手術後、激痛の山場が何度かありましたが、それもお医者さんや看護師さん、励ましてくれるみなさんのお陰で、無事に乗り越えることが出来ました。途中、「この痛みは治まるのだろうか?」「術後○日目で、普通はどんな状態なんだろう?」と不安になる事が多々あったのですが、そんな時には、フラッターさんのブログを読み返し、同じような時期、フラッターさんがどんな状態だったのか確認し、安心を得ることが出来ました。まさにこのブログは砂漠の中での羅針盤、迷える民にとってのバイブルでした。(大げさですいません)おならが出た時の喜び、感謝の気持ちなど、リアルタイムで共感できることが多く、本当に助かりました。ブログを読んでいて思わず笑ってしまい、手術の傷に響いたこともありました。入院生活について一杯やりながら語り明かしたい気分になりました。ブログの力は大きいですね。本当にありがとうございました!フラッターさんが今後益々健康でご活躍なさることをお祈りいたします!

    • フラッター49 フラッター49 より:

      タコスさん、おかえりなさい。

      とにかく、良かった。

      しかも予定よりも早く退院ってすごいじゃないですか!
      “大丈夫”と自分が励ましておきながら、“もしかして、苦しまれてるのでは…”とこの一週間、実はドキドキしてました。
      でも、タコスさんのありがたいコメントを見てひとまずホッとしました。
      とにかく、無理せずゆっくり養生してくださいね。

  2. アバター タコス より:

    ありがとうございます!フラッターさんもまだ療養中なのに、よけいな心配をかけてすみませんでした!
    日々、よりよい自分になれるように、頑張ります!フラッターさんのブログ、これからも応援しています!
    感謝!感謝!でございます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フラッター49 の アラカンブログ , 2020 All Rights Reserved.