前立腺癌から生還したアラカンじじい

せこい上司 が 面目躍如(コメント例文)新入社員に負けるな!ここは言わせろ!

 
間違い
この記事を書いている人 - WRITER -
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

当サイトは商業活動を展開しておりません。
ご安心ください。
________________________

こんにちは。
ボケたくないじじいこと、
機械製図技能士2級の フラッター49 です。

春ですね。

新入社員のあなたにとっては、人生最大級レベルで緊張する時期ですね。

せこい上司:早く帰りたくなった新入社員さんあなた

会社には入ったものの、しんどくなってきて
「早く帰りてー!」
みたいな感じで悩んだりしていませんか?

そこで、新入社員である、あなたの参考になればと思い、とある設計会社の新人研修レポートに書かれていた気になる一文とその一文への(名付けて…)悪あがきコメントを紹介させてもらうことにしました。

(このアドバイスメッセージは上司である僕が実際に書いたものです。)

まずは結論!

実は、メンター指導者さんはあなた新人君に対し、

誤字があるぞ!

と苦しまぎれに起死回生のどうでもいい指摘
でなんとかメンターの面目躍如を果たすのだ
______________________

《短い動画もあります…》
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

せこい上司 面目躍如:研修レポートで気になる一文を見つけたぞ!

それではまず、ある研修レポートに書いてあった気になる一文をご紹介します。

これです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今週はまず、固定子鉄心材を手配しました。

ここで、鉄心材の手配数量の単位が…

続いて、改造銘板の手配では、S買券発行とBOM出図について…

BOMをアズビルする必要がないことを…

《質問》
現状では、S買券発行後、手配物品が現地納入されるまでにBOMを出図すれば、アズビルする必要はないという認識ですが、間違いないでしょうか?

せこい上司 が 面目躍如>メンターのコメント

この一文に対し、メンター悪あがきコメントは、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

わからない単語ばっかり並んでいて、コメントが何も浮かばずパニックになっています。
(当然ながら、上記の『質問』にも回答できるはずもありません。)

“それだけ、この1年で大きく成長できたのだ!”という結論に無理やりこじつけて終わりにしようかなと思いましたが、なんとか1つだけ見つけてしまいました。

せこい指摘ですが、ここは言わせてください。

→アズビル は、アズビル(=As-built)が正しいはずです。
(この程度のコメントで情けないですが、なんとか面目躍如となったかな???)

でした…

あなたの不備をつく

筆者から一言(本ブログへ込めた願い)

このブログでは、“しんどい、休みたい、やめたい、転職したい”と悩んでおられる新入社員のあなたが少しでも前向きになってもらえればと、研修レポートのコメント(メンターである僕が実際に書いたもの)を紹介させてもらいました。

僕の会社は電機メーカの子会社で、研修レポートを書いた新人設計者は水車発電機を設計しています。
(ただし、僕の専門はタービン発電機ですので、水車発電機のことはほとんどわかっていません。。。)

できれば、コメントをお書きになる側の研修指導員管理職の方々にも読んでみていただきたいです。

 

あいさつだけならハードル低いぞ(…でも、その効果は抜群)

とにかく、新人のあなたが、今の「怖いもの知らず」のうちにまずやっておくべきことは、

(ちょこっと勇気を振り絞ってみて…)
回りのいろんな先輩に「おはようございます」みたいな感じで挨拶(あいさつ)をしてみましょう。

あいさつが返ってこなかったらへこみますよね。でも…
あいさつ自分から一歩、前へ踏み出す心を育てるためにやっているんだ! だから、相手の反応(…返ってくるとかこないとか)はどうでもいいんだ!』
と、へこんだ自分に言い聞かせてみると、続けることができますよ。

(そして、ストレスをあまり感じない先輩が見つかったら…)
こちらから少しずつ話し掛けていって、仲良くなってもらえたらしめたものです。

時々たわいのない会話(SNSでもok)をして、心にたまった変なもの(?)を吐き出して、聞いてもらうだけでも少しは楽になりますよ。
(ただし、くれぐれも相手を間違えないようにしましょうね。)

Speaking is the first step of everyone's smile

《最後までお読みくださってありがとうございました。》

ほんとはこれを見てもらって、少しでも楽になってほしかったんです。

おまけのおすすめ動画です

科学者 武田邦彦氏 と 新鋭アシスタント 倉嶋桃子さんの「ホントの話。」から 【超お宝メッセージ】です。
(寝起きが悪いことは異常ではないそうですよ。41:10 から見てください。)

武田邦彦氏の「ホントの話。」は隔週金曜日の夜7時から「クローバーメディア」
「トモダチTV」でネット放送されていますよ。僕は必ず見てます。

武田氏が「真相深入り 虎ノ門ニュース」でこんな発言をされていました。

戦闘機の製造能力と操縦技術は日本が一番。
また、整備も(アメリカに聞きながら)日本がやっている。
だから、韓国がF35(アメリカの最新型ステルス戦闘機)を持っても、整備は日本にしかやらせないだろう。

(日本人って、実はすごいんだけど、みんな知らないんですよね。)

《こんなおまけ(←武田先生ごめんなさい。)までお読みくださったことに感謝いたします。ぜひコメントもお寄せください!》

この記事を書いている人 - WRITER -
機械製図技能士2級の「アラカンじじい」ことフラッター49です。偶然とはいえこんなブログに訪問してくださってありがとうございます。少しでもお役に立てればうれしいです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フラッター49 の アラカンブログ , 2019 All Rights Reserved.